ネイルスクール認定校と資格試験について

“ネイルスクール選びにおいて、判断基準のひとつにJNA認定校かどうかというのがあります。
JNAとは日本ネイリスト協会のことです。ネイリストになるために必須の資格というのはなく、いわゆる国家資格というのもありません。ただ、民間の資格はさまざまあり、アメリカなど海外の資格試験もあります。資格はなくてもよいですが、ある方が就職の際に有利ですし信頼にもつながります。そんな中、JNAの主催する日本ネイリスト技能検定試験や、最近ではジェルネイル検定試験が特に有名な試験として取る人が多くいるのです。

JNA認定のネイルスクールならこの試験のための対策コースもあり、効率よく知識や技術を教えてもらえます。そのため合格率も高くなります。
他の非認定校でも技術力の高い講師がいるところもあります。趣味としてネイルをもう少し深めたい、習い事として楽しみたいというだけなら非認定校であっても問題はなく、安くておしゃれなところを選べばよいでしょう。しかしながら、ネイリストとして働きたい、検定合格を目指したいという目標があるのであればやはりJNA認定校を選ぶほうがよいのです。
目指すものによっておすすめなネイルスクールは違ってきます。

JNA認定講師の資格をとろうと考えたとき、JNA認定校を卒業しているということが受験資格として必要です。たとえ他のネイルスクールで学んでいたりネイリストとしてサロンで経験を積んでいたとしてもだめです。そのため目指す資格によっては認定校であるということは必須になります。
そうでなくても認定のネイルスクールであれば資格試験のための勉強をしてくれるので自宅で独学で勉強するよりも有利です。また、校内受験ができ、本部認定校においてはスクールの講師がそのまま試験官を勤めていたりするので緊張感なく受けることができそうです。周りも日ごろ一緒に勉強している仲間たちです。
独学でやるよりもスクールの方が他の同じ目標を持つ人たちとできるのでやる気もアップしますし、家ではできないようなさまざまな道具を使って実践してみることができます。JNA主催のセミナー受講料やコンペティション出場料が割引になるなどさまざまな特典があるため、その道で働くのに有利な経験が他のスクールの人たちよりも安く気軽にすることができる、というのもメリットです。
さまざまな資格試験に対応しており、将来の方向性を変えたくなっても柔軟に対応してもらえ幅広くサポートしてもらえるのもよいです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク